睡眠時無呼吸症候群の症状

日中の眠気
運転中の眠気、居眠り
倦怠感
朝起きた時の、喉の渇き、頭痛
いびき
集中力の低下、学力低下
睡眠中に何度か目が覚める
小児の夜尿(おもらし)


    放置による危険性

睡眠時無呼吸症候群の方は、夜間睡眠中に酸素不足をくりかえします。
それにより、高血圧、不整脈、脳梗塞、心筋梗塞などの疾患を併発したり、慢性の頭痛、日中の居眠りによる交通事故、集中力の低下などの原因になるといわれています。


    小児の睡眠時無呼吸症候群

お子さんにも睡眠時無呼吸症候群は見られます。多くは、扁桃腺肥大、アデノイド肥大、小顎症などが原因です。

いびき、日中の眠気、集中力の低下、学力低下、夜間の覚醒、夜尿等の症状が出ます。
胸がへこむ呼吸を繰り返し、漏斗胸になることもあります。
小児期は夜間の睡眠中に成長ホルモンの分泌が盛んなため、睡眠障害は成長障害につながります。

診察時に、鼻、咽頭の疾患の合併を確認します。
アレルギー性鼻炎、扁桃腺肥大、アデノイド肥大、口腔の形態、副鼻腔炎などがないか、必要であれば検査で確認します。
睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、簡易型PSGにて検査も可能です。詳しくは、診察時におたずねください。


    睡眠時無呼吸症候群の検査

検査は、器械を1日ご自宅にお貸しして、自宅でしていただけます。 鼻や胸、腹、指先にシールやクリップをつけて寝るだけの簡単な検査です。
(当院では簡易型PSGのみをおこなっております)
(スタッフが使い方をご説明いたします)
器械を翌日返却して頂き、結果は約10日後にでます。
検査費用は、3割負担の方で約2,200円になります。

【簡易睡眠検査装置 スターダスト2】


    睡眠時無呼吸症候群の治療

検査結果、睡眠時無呼吸が認められた方は、治療のお話をいたします。
治療は無呼吸が軽度の場合、体重管理、運動療法、など。 無呼吸が高度の場合は、

n-CPAP療法
扁桃腺・アデノイドの手術
アレルギー性鼻炎の手術
副鼻腔炎や鼻中郭手術 などを患者さんの合併症に応じてお話いたします。


【n-CPAP治療の様子】


※簡易型PSGで診断が難しい場合は、睡眠専門施設にて一泊入院のPSG検査を紹介し、治療は当院でおこなっています。手術、精密検査が必要な場合は、速やかに御紹介させていただいております。


    当院の治療方針

n-CPAP治療が必要と判断された場合は、ご自宅に治療機械をリースという形でお貸ししています。
このリース料は、在宅治療として、健康保険の適応になります。(3割負担の方で4〜5,000円/月)

n-CPAP治療をおこなう場合には、月に一回クリニックに受診が必要です。その際に、自宅での治療が上手くできているかお話をうかがい、併せて毎月、体重と体脂肪の測定をします。生活習慣の問題点(外食、運動不足、喫煙、飲酒など)も、診察時に一緒に相談していきます。

睡眠時無呼吸症候群の治療には、自分の意識が大切です。“健康な生活や良い睡眠を得たい” という自分の意識を持ち、目標をつくり治療を続けていく事が大切です。

耳鼻咽喉科 j クリニック では、そのお手伝いをするという形で、一緒に治療していきます。ただ、漫然とn-CPAP治療を何年も続けるのではなく、治療終了を目標にしていきましょう。

※3カ月おきに、内臓脂肪、腹囲も測定します。体重や体脂肪の改善がご自分で難しい場合、こちらからアドバイスいたします。


    いびき症

いびきの原因がどこか、鼻やのどの診察をし、原因にあわせて治療をします。
睡眠時無呼吸がある場合は、併せて治療が要ります。

※ 口腔内装具をご希望の方は装具作成を歯科にお願いいたします。

このページのTOPへ

小児の中耳炎・副鼻腔炎・アレルギー・難聴 |  アレルギー性鼻炎、花粉症のレーザー治療 | 睡眠時無呼吸症候群・いびき症 | 補聴器相談 | スギ花粉液の舌下免疫療法 | アレルギー性鼻炎(ダニ)の舌下免疫療法